el_payasoのブログ

音楽とマンガとサッカーとよのなかのブログ。かため。

「チャットモンチー」。ありがとう。忘れらんねえよ。

www.youtube.com

チャットモンチーとの出会いは、中2だか中3くらいのときにTSUTAYAで借りた「chatmonchy has come」だったと思う。「ハナノユメ」という曲、いい曲だと思ったけどそこまでピンとはこず、そのまま1年2年と経つ。テレビで「シャングリラ」が流れていて、なんとなくそこは知っている、ぐらいのまま。

8月、先輩がコピーバンドで「恋の煙」を歌っていたんじゃなかったかと思う。僕はその曲がチャットモンチーの曲とはつゆ知らず、「へーいい曲だなー、先輩のオリジナルなのかなー」とかあほみたいなことを考えていたのであった。なんせ、「ふたり...」というところがぐっと来た。その先輩はそういえばチャットモンチーに憧れていた人だった。元気かなー。というぐらいで好きになっていったのです。

さて、チャットモンチー今日のライブをもって完結ということになっておるのですね。たまたまチャットモンチーのことを書きたくなって、いろいろ調べてたら、ああそうだったのかと。運命かしら。あざとさではないですよ!!間違っても!!!!

...まあ、その程度。「Last Love Letter」以降、僕はこのバンドにほとんど触れておらず、ドラムのくみこん、高橋久美子さん脱退後はますますだった。なんでなんだろうな。「告白」まではこまめにチェックしていたのは間違いない記憶なんだけど、その先なんで触れなくなってしまったんだろう。曖昧。

 

www.youtube.com

「染まるよ」は、チャットモンチーで、たぶん1番好きな曲。なんだかようわからんけど、チャットモンチーの曲って、せつない。ものっすごい、せつない。夜中から朝が来るまでの時間帯のせつなさとか、たばこというアイテムのせつなさとか、全部ギュッと詰め込まれていて、なんかもう全部せつない。ちょうどこの曲が出たくらいの時期は、僕自身ひたすらに完徹を決め込みまくってた時期なので、なんかそういうのも感じられるのかなあ。

 

www.youtube.com

あと、なんつーか、可愛げがない。「可愛くない」んじゃなくて「可愛げがない」んですよ。「可愛げがないようにしようとしてるところが逆に可愛いね」とかそういうなんでも知ってるぜ風ふかしてるキモい男みたいな話をしたいわけじゃないんですけど、この方々は可愛げがない。なんて言ったらいいか分かんないんです語彙力ないんですごめんなさい。可愛げない。もちろん可愛げ全開の曲もあるんですよ。

 

www.youtube.com

でもなんだろう、僕の中でチャットモンチーの印象って、「恋愛スピリッツ」とか「染まるよ」みたいな曲のほうが強いんですよね。なんでなんだろう。それってたぶん、この方たちの本質だからなんじゃないだろうか。「シャングリラ」なんて代表曲ですけど、歌詞は全然可愛げないですよね。

 

www.chatmonchy.com

ところで、トリビュート。久しぶりに、チャットモンチーに触れる機会になりました。これを知ったので記事を書こうと思い立った次第であります。聞きました?忘れらんねえよの「ハナノユメ」とか最高だし、きのこ帝国の「染まるよ」とか最高すぎるじゃないですか。そういう「可愛げのない」曲ばっかり。たぶん、そういうことなんだろう。あ、きのこ帝国のこと書こう。笑

 

間違いなく、僕の音楽的青春の1ページに刻まれたバンドの1つだと思うのです。ありがとうチャットモンチー。最後のほうあんまり聞かなくてごめんねチャットモンチー。でもこの曲、すげえ沁みた。ありがとうチャットモンチー

www.youtube.com