el_payasoのブログ

音楽とマンガとサッカーとよのなかのブログ。かため。

ニューアルバム9月リリース。「きのこ帝国」は本当に変わってしまったのか?

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

まあ、限りなく今更っちゃ今更なんだろうけど、きのこ帝国について書いておきたいなあと思ったので、書いておくことにしました。どうも昔っから「なんで今更?」ということばかりやってしまうんだけど、まあ、仕方がない。

なんせ「海と花束」から5年経ってるんですよ。「愛のゆくえ」すら2年前の話で。。そりゃあね、5年経てば人間なんて変わるんですから、タイトルの疑問に対する答えは「そりゃ変わるわ」なんですけど、まだ200字ちょっとしか書いてませんので、もうちょっと続けますね。9月にニューアルバムも出るということだし、いいんじゃないか。

 

改めて表題。「きのこ帝国は本当に変わってしまったのか?」

うーん。でも、やっぱり、今聞き直してみても、「変わった」なあって思うんですよね。「変わった」というより、「変えた」かなあ。

「海と花束」という曲は、きのこ帝国で僕が3番目くらいに好きな曲なんですけど、この曲は、振り返ってみればやっぱり宣言してるんじゃないかなって。

伝えたいことなど とっくのとうにない

錯覚起こして ただそれだけなんだよ ごめんね

ですもんね。これを歌いきってしまうのもすごく勇気のいることで、しかもその後に「猫とアレルギー」を出しちゃうんですから、ものすごい度胸だなって。

だって、ギター片手に

あいつをどうやって殺してやろうか

とか歌ってた人が、数年後にはピアノをバックに

あなたの声やあなたの顔が 夢に出る日はどうすればいいの

ですよ?そりゃあね、「変わってない」という方が難しいっすよ。

 

本当に、意図的に、勇気をもって変えたんだと思う。それはひょっとしたらビジネス的な意味も大いに含まれていたんじゃないかなと僕は思うんだけど。佐藤が佐藤千亜妃になってみたりとか、ピアノ弾いてみたりとか、CDのジャケットがピンクになってみたりとかね。細かいところ探ればキリがないくらい、「変えました」アピールがすごい。これで「変わってないっす」なんて胸張る方がおかしい。

 

ハッキリ言って「解散」だって十分な選択肢だったと思うんですよ、だって、繰り返すけど「伝えたいことなどとっくのとうにない」って言っちゃったんだから。あと、何歌うのって話だし。そこから先のことは、全部どうでもいいことですってことでしょ。そこはもう、絶対に変わらないランドマークみたいなもんになっちゃう。だけど、それでも、「その」きのこ帝国と地続きでやることに決めたのは、なんなんだろうな。

地続きにしたこと自体に、ひょっとしたら意味があるのかもしれない。僕はそこまで聞き込めてなくて、意味を見つけることはできていないけど。正直に言えば、「猫とアレルギー」を聞くのは、結構つらかったし...。

 

全然違うと言われるかもしれないけど、フジファブリックに似た構図を僕は感じる。志村さんが亡くなった後、山内さんたちがいろんなものを背負って「続ける」と言った、それに似ているような気がしないでもない。そんでもって、「STAR」以降は、未だに全曲ちゃんと聞いてないしなあ。そこも、僕の中では、近い。

こんなことを言っちゃうと怒られるのかもしれないけど、果たして「好きになる価値があるのか?」というところ。「聞きたい」と思えるかどうか、というところが核心でしょう。別に無理をする必要はないのですから。「愛のゆくえ」も、正直に言えば、響いてこなかった。それは、僕にとっては大きいことです。

 

でも、9月のニューアルバムは気になっちゃうかな。「じゃあ、今度、どうするの?」というのを期待させてくれる、そんなバンドではあると思うのですよ。それだけでも、このバンドには十二分の価値があるな、と思う。期待しよう。

 

www.cinra.net

今読んだら、「夜が明けたら」の音源つけるんですね。なおさら、地続きを意識させようとしてるんだな。