el_payasoのブログ

音楽とマンガとサッカーとよのなかのブログ。かため。

改憲、実際どーなのよ問題。

headlines.yahoo.co.jp

 

この方はなんというかいつも不思議なことをおっしゃる方だなあという印象なのですが、なんかずいぶん踏み込んだ発言をされたんじゃないですかねこれは。

確か、この記事にある「改憲草案」っていうのは確か、自民党が野党だったときに作られたやつですよね。確かその当時も「人権が制限される」とかなんとかでずいぶん話題になっていたような気がするんですけど。

 

改憲」って、実際どうなんでしょう。

 

草案の話じゃないけど、この手の話題ってなんだか、世の中じゃほとんど語られないですよね?統計を間違ってたとか、「がっかりした」とかそんな話が最近はよくニュースでやってますけど、改憲の話題ってあんまり世間で話されないよなあって。実際果たしてどんなもんなんだろうなーってすごく不思議。

まあ現実問題、自衛隊の存在はとっくの昔に常識となっているような気もする。朝方、チャリンコに乗って基地へ向かう迷彩服の人に対して絶対的に嫌悪感を抱くような人が、果たして現代においてどのくらいいるのだろうか?

だからこそ、安倍晋三さんは本当は憲法をバリバリに改造したいはずなのに、我慢して「自衛隊違憲状態を解消しなくては」なんて心にもないこと言ったりするんだろう。本当の目的はそこじゃないんだけどね。ここら辺なら一般ピーポーはなんとなく飲み込みやすい、という彼なりのギリギリのさじ加減。

 

ただ、だからこそ僕が思うのは「なんでわざわざ変える必要があるんだろう?」と。この話が出るたびにいっつも思うんですよ。むしろこの、「本来は存在しちゃいけない暴力装置」という自衛隊の立ち位置をどうしてうまく利用しようと考えないんだろうって。

馬鹿とハサミは使いようじゃないですか。そりゃ昔のいざこざ、モヤモヤはあるんだろうけど、逆手に取ろうと思えばいくらでもいけるんじゃないかなあっても思うんですよね。湾岸戦争なんか好事例じゃないですか。国家の最終的な目標って、僕はそこに所属する人の命を守ることだと思っていて、血を流して貢献しようだなんてなんでそんなことわざわざする必要があるのか。目標を達成した稀有な事例だと思うんですよ。

 

よくこの自衛隊論争になるときに、「国際社会じゃ軍があって当たり前」みたいな論法を繰り出す方々いらっしゃいますけど、僕に言わせれば「当たり前である必要がどこにあるのか?」というところで。

それこそ今のアメリカだったり中国に学んだらいいんじゃないですか。彼らは事実をねじ曲げるなんて得意中の得意だし。当たり前なんていうのはTPOでゴロゴロ変わるんだから。そんなの歴史が証明している。無理に合わせに行くよりも、無理やり押し付けられたものだとしても「オリジナリティ」としてうまく活用したらいいんじゃないですかね。

僕は9条、ひとつのカードとしてうまく使ったらいいんじゃないか論者です。